Latest Entries


カッチの布

阪急うめだギャラリーで開催されている
『カッチのクラフトミュージアムLLDC展』を見てきました。
IMG_20180615_171338s-.jpg
インド北西部のカッチ地方の12の民の布文化を紹介しています。
写真OK、ヤッター

刺しゅうの実演もありましたよ。
IMG_20180615_171254s-.jpg

大型刺しゅうパネルが並ぶ中、
嬉しいことにサンプルは自由に触るコトができます。
数箇所にそれぞれ見本帳のようなサンプルがぶら下がっていました。
めくるたびにわくわくして楽しかった!
IMG_20180615_170527s-.jpg
裏も確認してどんな刺し方になっているか
じっくり見てきましたよー

なんとかステッチとか書いてあるんでしょうか?
インドな文字も一緒に見れて楽しい。
IMG_20180615_170447s-.jpg


こちらは細い糸で細かく刺されていました。
IMG_20180615_170832s-.jpg
美しいパターンが並ぶ。

アヒール刺しゅうのマスターアルチザン
刺しゅうもだけど衣装もステキでした。
IMG_20180615_171312s-.jpg
刺しゅうや染めのワークショップもあるそうですが
すでに満席だって、ザンネーン。

péro [ ペロ ]もインド出身のデザイナーさんだし
インド、すごいねーーー

web拍手 by FC2

鳥取砂丘と砂の美術館

先日鳥取砂丘に行ってきましたよ。

入り口からココまで距離があって、
写真では平坦に見えるけど、結構な斜面を登っていく。
IMG_20180526_101215s-.jpg

ところで日本最大規模の砂丘は青森県にあるんですね、
鳥取砂丘の約30倍だそうです、すごいねーーー
砂丘の大部分が、防衛省の敷地になっているので
立ち入ることができません。

砂漠なイメージ、そういえば観光ラクダもいましたよ。
IMG_20180526_102250s-.jpg

そして海までの急斜面を下りていく・・・
転げ落ちそうでした~
IMG_20180526_102608s-.jpg
下りてから気づく、
またこの急斜面を登らないと帰れないことに(笑)

浜辺にはハマヒルガオが群生していました。
IMG_20180526_103452s-.jpg
薄いピンク色で可憐ですが、
咲いても砂に埋もれたり、花の世界もなかなか厳しいです。



今回は砂の美術館にも寄れました、
今シーズンは北欧編。
IMG_20180526_122638s-.jpg
混ぜ物なし、すべて砂だけでできています。

アンデルセンの『マッチ売りの少女』の砂像。
屋根の上には『羊飼い娘と煙突掃除人』
IMG_20180526_121224s-.jpg

手前が『トロルと北欧の森』
森の中にさまざまな個性を持つその姿が隠れています。
IMG_20180526_121907s-.jpg
奥には『ニルスの不思議な旅』や『人魚姫』
写真はないですが、北欧神話の
『ニーベルングの伝説』の大作もありました。

思っていた以上に良かったので大満足でした!
何より室内なので涼しい~~~
砂丘から戻ってから行くのがお奨めです。

庭では砂像彫刻家の
茶圓勝彦さんが砂像公開制作中、
ここの美術館総合プロデューサーです。
IMG_20180526_123154s-.jpg
最初に木枠に砂と水を入れて圧縮させるそうです。
乾いてしまうとカチカチになるので水をまいて乾かないようにしていました。
見本を触らせてもらうと、
ホントびっくりするほどカチカチになっていましたよ。
2週間で完成させるそうです。



web拍手 by FC2

La vache qui rit

またまた時間が空いてしまいましたが、
5月後半は怒涛のように過ぎ、やってきました6月・・・

毎月のお楽しみ、アトリエワークショップにも行ってきました、
今月からはドロンワークを教えてもらっています。
糸を抜くのを間違えそうでいつもヒヤヒヤですーーー

移動の合間には旅のお供の刺しゅうを・・・
IMG_20180528_190514s-.jpg
近くに座っているオバサマに
ガン見されながらのチクチクです。

そしてやっと完成~~~
cameringo_20180531_165242s-.jpg
La vache qui rit 笑う牛です。
インパクト抜群なこの牛、一応女性(笑)
このユニークな牛のキャラクターの作者はBenjamin Rabier
あ、今気づいたけど文字の白ベタ部分刺していない・・・

*************
明日はお弁当持ってピクニックです。
早起きしていってきます!




web拍手 by FC2

英文パターン

初めての英文パターンで編んでみる。

前回編んだセーターの日本語訳文章で
訳わからなくなりましたが
まず最初は簡単な英文パターンからリベンジ。

『Arvia』サンプルは黒でしたがスカーレットを選びました。
IMG_20180522_142143s-.jpg

リネンとモヘヤ、素材が全く違う糸を使って
ストライプ模様で編んでいき、最後はレース編み。
途中まで編みましたが
あまりにもユルユルに編んでしまいほどく事に。
そして気付く、
・・・モヘヤってほどけないんですねーーー
絡まって毛がアチコチに飛ぶし、痒いし、
結局切ってしまいました。

でもこのパターン、楽しい♪
モヘヤなんで夏までにはなんとかしたい・・・

*************

パンジーの刺繡は葉っぱが宿題になってましたが
ぐずぐずして刺し始められなかったのですが
お尻に火が付いたので慌てて刺しました。
IMG_20180522_140037s-.jpg
Jeu de Fils
刺しはじめるとあっという間に出来ました。
なんだ~、もっと早くやれば良かったなーーー
これで月末に東京行けます(笑)


web拍手 by FC2

ローズガーデン

きょうは蒸し暑かったですねーーー
cameringo_20180516_225634s-.jpg
近所にある小さなローズガーデン、
今が一番きれいに咲き誇っています。
 
ダーさんが早く帰って来たので
夕方一緒に買い物がてら散歩にいきました。
cameringo_20180516_225359s-.jpg
近くまで行くとバラのいい匂い、癒されます。

上には大輪の「ピエール・ド・ロンサール」
cameringo_20180516_230302s-.jpg
コレ見ると「君は薔薇より美しい」
からの「オリビア・ハッセー」を連想してしまった
古いね~(笑)

コチラはピンク色の花をびっしりと房咲きにする「アンジェラ」
濃いピンクが可愛らしい。
cameringo_20180516_225541s-.jpg
週末は雨の予報ですね、
バラの見頃もそれまでかしら?

**************
笑う牛のステッチは停滞中・・・
きょう、会社に持っていって昼休みに刺してみた。
cameringo_20180514_174559s-.jpg
28ct、1over1は刺しやすいと思っていたのもつかの間、
黒糸が見え辛い~
ちょっと間違えて刺しているかもです。
あぁ、早く完成させたい!


web拍手 by FC2

Appendix

プロフィール

Hopsi

Author:Hopsi
神戸在住 ドイツ・北欧のクロスステッチが好きです。日々のいろいろを綴っています。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

月別アーカイブ


メールフォーム

ご連絡はコチラへどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム